矛盾

かなりの駄文ですのでご注意を

常日頃思う事ですが、ユーザーとサービス提供者側ってかなり感覚の矛盾がありすぎる気がします。

私の場合、パソコンやスマホ関連の相談とかをよく受けますけど、必ずといっていいほど「お金がかからなくて、良い物(長く使えるとか、性能であったり)」というワードが出てくるのですが、『良い物を買うならそれなりの金額がかかりますよ』と言いますが、だいたいにおいて『高額だ』と言われて話が進まない。

特定の条件を満たせば安く使う方法とかあるにはありますけど、それには使用する人にそれ相応の技術や能力やノウハウがある場合に限ります。格安〜〜とかそう言う物はコストを減らすために限界に近いレベルで売ったり提供したりしているものです。使う側はそのリスクを納得した上で使うべきなのに、他社と同じサービスを購入後に求めたりします。

私が知る限りでは、そう言う裏には罠に近い物が必ずあって、そういうのを見抜ける知識は必要だと思っています。

経営の知識は私は皆無ですけど、利益を出さずに良質のサービスなんて成り立たない事ぐらい誰でもわかると思います。でも多くの人がそれを求めます。それを実現する方法を考えると、そういうことに長けたブレーンが常にいる状態にするか、うまい具合に理由をつけてお金を出さないか。

もちろんコストを抑える必要があるのはわかりますが、求められるのがいわゆる裏技ばかりで、なぜ正当な方法で何故行おうとしないんでしょうか?

裏技ってのは使用してはいけない物です。それを行う場合はそれで何かトラブルあっても全責任を負うことを承諾の上でなければいけません。

正規な流通で割引されている時を狙うとかそういうのは別に問題はありません。

人が生きていくには必ず一定以上の収入を得なければなりません。方法はもちろん適性であったり得意不得意だったりで選択の必要はあります。では自分に対して裏技が使われた場合どう感じますか?足下を見られて『使ってやるけどこれだけしかお金払いません』なんて言われたらどうしますか?

『自分がされたくないことを求めるな』ってのはそういうことです。それは写し鏡のごとく自分に返ってくる事を理解して欲しいです。

努力が足りないとか根性がないとかとは別次元の話です。